FX のリスク

過去のチャートを確認 し、特定の通貨 が影響を受けやすい材料の特徴 をある程度 認識 できるようにしておくことはお勧め です。 因みに 、会社 選択 の見直し ポイントは、スプレッドの負担 が最小限 ということです 。

オシレーター系のスローストキャスティクスは傾向 を読むには弱点 ですが、もちあい場面でのサインは尊重 してくださいね。 たいていは 、レート の流れに追従していくMACD(マックディー)と、通貨 の振幅を計測 するスローストキャスティクスを使い分けることは有効 です。

逆張りは底値で買うタイミング をつかめば最も大きい 収益 の確率 があるのが長所 です。けど 、推定 が外れたときは大きな損失 を被るリスク もあります。 たいていの場合 、ポンド/円や、ポンド/ドルはボラティリティー が比較的 激しいため、デイトレード向きの通貨 といえるでしょう。

攻略法