AIは人間より賢いのか

千秋楽の舞台は完璧だったこの舞台がまた私の名前を高みに連れて行ってくれるだろうそんなことを考えながらジャケットに袖を通した私はモニター越しの舞台上で起きている異変に気がついた。
アナンダ舞台終盤ヒロインが非業の死を遂げるはずがなんとヒロインが機関銃を手に持ち登場人物を次から次へと家殺していく何をやってるんだやめろ私は思わずモニターに向かって叫んだ。
しかし二以上の物語は勝手に進行しそして私が作り上げたものとは全く違うラストを迎えた。
私は呆然自失のまま雑誌社やテレビ局の記者の質問に答えたせせ今回の舞台これまでの流れを真っ向から否定したもので観客の皆さんが口々に面白いと感想をおっしゃっているのですがその点についてどう思われますかどうもこれが狙いでして私はそんなふうになんとかインタビューを終えて控室に戻った。