結婚式の金額を抑えるためにできることとはなにか?

結婚式といえば、とにかく開催側にとってはお金のかかるイベントとして知られています。地方ではまた一層必要なんてこともありますが、平均的な金額で言っても200-300万は見ないといけない式がほとんどでしょうか?
もちろん、ご祝儀なんかでまかなえる範囲もそれなりにあるんですがそれでも新郎新婦の持ち出しになることも普通によくあります。自分の知り合いなんかも、結局100万赤になったとか嘆いていたものですw
 
結婚式の費用を抑えようとすると、まずは内容をおさえることでしょう。派手な演出を控えることが何より大切です。意外とお金のかかるのが撮影。だからこそ、友人にカメラ撮影やビデオを頼む人も多いのが実態です。
次に抑えるとしたら、披露宴でよく使われているプロフィールムービーなどの映像演出です。
プロフィールムービーの最近人気なものはこちらの記事にも詳しくまとまっていますが、式場と提携している業者に頼むと普通に10万程度まで金額が高くなってしまうので今はネットで好きな業者を選んで依頼するのが一般的です。
そうすることで、値段も5万以上は安くおさえることができるはずです。
 
あとは食事・・・ですが、そこをあまりケチってしまうとゲストに嫌がられるので注意しましょうw
食事に関しては事前の食事会に参加した上で、どの程度のランクなら見た目にも味にも問題ないかというのを確認しておくことが欠かせません。ただ、ここだけは最低ランクにするとそのまま残念な感じにもなりかねないので注意してください。
 
最近は感染のこともあって、結婚式自体がかなりおさえられています。ソーシャルディスタンスのこともあるので、参加できるゲストの数も低くせざるをえないでしょう。だからこそ、お金の使い方も注意が必要です。
無駄に使いまくって結婚式後の新婚生活で苦労しないように、しっかり計画を練って進めてみてくださいね。