溶接の気密性

製品の主な使用使い道溶接の気密性が必要な部品。
扱ってできる加工大きさ縦、横、高さ、各々約100〜1000mmまでの寸法に応対できます。
加工技術見所ファイバーレーザで溶接するため、すき間のない溶接ができます。
防水性をバックアップするために、水張り試験をおこなってから出荷する事ができます。
組み合わせて、気密性溶接のサポート手法として水張り試験をおこなってから出荷する事ができるです。
俗に、溶接の気密性が必須な部品には、TIGの肉盛り溶接やMAG溶接をおこないますが、薄板具材を用いる精密板金の事例、熱ひずみによる変形が生じてしてしまいます。
詳細はお手軽にお質問下さい。
名古屋 溶接 伊藤工業
弊社では、ファイバーレーザ溶接により、t1程度の薄板原材料でも熱ひずみによる変形を抑えながら気密性のある溶接ができるになりました。