接客業に向いてない人の特徴を解説

飲食店やアパレル、エステティシャン、店頭販売員など。
人に接客し商品やサービスを説明&販売する接客業に務める人は多くいます。

そんな接客業に向いてない人の特徴は何なのでしょうか?
箇条書きに特徴を挙げると以下のような内容が該当します。

・コミュニケーションが苦手
⇒仕事の大半が「接客」なのでコミュニケーションは必須

・ホスピタリティに難あり
⇒相手への思いやりや慮りが接客には必要

・立ち仕事は避けたい
⇒接客は「待ち」ではなく「攻め」の仕事なので立ち仕事が基本

・デスクワークのほうが得意
⇒コミュニケーションが生業の仕事でパソコン操作はほとんどない

これらの特徴が接客業には向かない特徴になります。
未経験からでもはじめられる仕事ではありますが、仕事には必ず向き不向きがあります。

特にコミュニケーションが苦手な方は接客業は致命的です。
デスクワークや知的労働などのクリエイティブな職に就くのがよいでしょう。

参考:接客業に向いてない人の特徴5選【辞めたいほど辛いストレスなら即転職】