どんな本を選ぶかによって手話の上達速度も大きく変わる

手話を覚えるために本を買って勉強したい!という方もいるかと思います。
手話を学んでいくうえで欠かせないのが手話の本や教材、教本ですが、
いざ手話の本を選ぶとなると、いったいどんなものを選べばいいのか悩んでしまいますよね。
どんな本を買って勉強していくかで、手話の上達速度も大きく変わってくるので、慎重に選びたいところです。
そこで、初心者の方が手話の本を選ぶ際に気をつけるべき点をご紹介したいと思います。
初心者の方が手話の本を選ぶ場合には以下のような本を選ぶことが大切です。
初心者向けに書かれている本
DVDがセットになっている本
本屋などに行って、手話の本を見てみるとわかりますが、手話の本は初心者からすると難しいと感じるものが多いです。
難しいものやわかりにくい本を選ぶと学ぶのが苦痛になっていきます。
挫折してしまわないためにも、指文字や簡単なあいさつ、よく使う単語など、基本的なことが学べる初心者向けに書かれた本を選ぶのがおすすめですよ。
手話の本を選ぶうえで、もうひとつ意識したいのがDVDがセットになっているかどうかです。
本に書かれた文字やイラスト、写真だけだとなかなか理解しにくいです。そこで重要になってくるのがDVDです。
DVDがセットになっているものだと、実際に手話を使っている映像を見ながら学ぶことができるので、とってもわかりやすいですよ。